四万十とおわ道の駅

しまんとロール紅茶巻き

 

しまんとロール紅茶巻き:四万十茶葉100%使用

▼クリックすると拡大してご覧いただけます

生地とクリームに茶葉がたっぷり
食べた瞬間、口いっぱいに四万十の紅茶独特の香りが広がります。紅茶の茶葉が生地にもクリームにもたっぷり入っています。生地はしっとりとしていてふわっとした口溶けです。
クリームはほんのり紅茶色、生地やクリームの中の黒い点は紅茶の葉です。
生地とクリームに茶葉がたっぷり
ひとつひとつ手作りです
四万十ドラマの主に二人のスタッフでひとつひとつ丁寧に手作りしています。約4ヶ月間、商品化に向けて取り組み、現在の商品が出来上がりました。
四万十とおわ内の加工場で作っています。
ひとつひとつ手作りです
高知県は国産紅茶発祥の地
高知県は国産紅茶発祥の地といわれています。四万十でも40年くらい前、紅茶をつくっていました。自家発酵させる当時の製法で復活した四万十地紅茶。四万十川流域でとれた茶葉100%使用した四万十地紅茶シリーズの新商品です。
茶葉を始め、四万十地紅茶シリーズを展開しています。
高知県は国産紅茶発祥の地

食材へのこだわり

  • 四万十地紅茶
    四万十でとれた茶葉を100%使用し、自家発酵しつくった四万十地紅茶。
  • 高原たまご
    四万十町の窪川ブラウンポートリの「高原たまご」。水とえさにこだわり、育てられた鶏のたまごです。
  • 高知県産牛乳・生クリーム
    高知県産の牛乳と生クリームを使用しています。
  • 国産小麦
    国産の小麦粉を使用しています。

作り方をご紹介

  • しまんとロールの作り方その1
    生クリームに紅茶を煮出します。こしてから冷蔵庫に一晩おきます。
  • しまんとロールの作り方その2
    材料を計量します。小麦粉と紅茶は2回ふるいにかけてよく混ぜます。
  • しまんとロールの作り方その3
    泡立てた卵黄、卵白、小麦粉など材料を手早く混ぜ合わせ、型に流します。
  • しまんとロールの作り方その4
    オーブンに入れ、焼き色を見ながら時間を調整します。
  • しまんとロールの作り方その5
    焼き上がり、生地が冷めたらクリームをたっぷりのせて巻きます。
  • しまんとロールの作り方その6
    型に入れて四角い形に。このまま冷凍庫にいれます。
  • しまんとロールの作り方その7
    完全に固まる前に商品の大きさに切ります。再び、型に入れ冷凍庫へ。
  • しまんとロールの作り方その8
    翌日、ひとつひとつ包装します。

ふたつのおいしい食べ方

  • おいしい食べ方:半解凍で
    紅茶巻きは要冷凍の商品です。完全に解凍する前に、お召し上がりになることもおすすめ。冷たくてアイスのような食感が楽しめます。
  • おいしい食べ方:解凍させて
    しっとりした生地とふわっととろける紅茶のクリーム。存分に紅茶の風味が味わえます。とっても柔らかく形がくずれやすいので、切るのは半解凍のときがベストです。

紅茶巻きロール
紅茶巻きロールケーキ

 

  • 紅茶巻きの大きさ:幅5.5cm×高さ4.5cm×長さ15cm
  • ◎しまんとロール紅茶巻きはひとつひとつ手作りで作っております。そのため、ご注文数によりお届けにお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • ◎お届け日の指定はできません。ご了承ください。◎代金引替の場合、代引き手数料が別途かかります。

しまんとロール紅茶巻き

原材料名 鶏卵、牛乳、砂糖、生クリーム、小麦粉、植物油脂、コーンスターチ、はちみつ、ブランデー、紅茶(高知県産)
賞味期限 製造から1ヶ月〈解凍後は当日中にお召し上がりください〉
保存方法 要冷凍(−18℃以下)
お届け方法 クール便 配送業者 ヤマト運輸株式会社

ページトップへ

Copyright © shimanto drama All Rights Reserved.